ナイトアイボーテ

ナイトアイボーテが朝取れる原因と対策5選!昼に使うとより効果的?

ナイトアイボーテ 朝取れる

せっかくナイトアイボーテを夜寝る前に付けて、朝には取れてた…という人もいるようです。

二重の癖付けの為に寝ている間にしっかり付いていないとあまり意味がありませんよね。

就寝中は二重形成のゴールデンタイム。

ナイトアイボーテが朝取れる原因から、対策方法までをご紹介します。

「夜に使う」というイメージも多いナイトアイボーテですが、昼に使っても問題ないのか?効果はあるのか?という疑問についても調査してみました。

\500円で目がぱっちり♪/

/毎週先着1,000名限定\

ナイトアイボーテが朝取れる原因は?

実際にナイトアイボーテを使ってみて朝取れてしまったという経験をした人もいるようですね。

できればアイプチやメザイク、整形などは避けたい人であれば何とかしたい問題。

夜寝ている間にしっかり癖付けできていなければ意味がないということにもなります。

なぜナイトアイボーテが朝取れるのか原因はこのように考えられます。

  • ①まぶたに余分な水分や油分が付いた状態で塗っている。
  • ②寝ている間に目をこすっている可能性がある
  • ③なりたい二重幅が広すぎる
  • ④ナイトアイボーテの付け方に問題がある

①まぶたに余分な水分や油分が付いた状態で塗っている

まぶたに余分な水分や油分がついたままだとナイトアイボーテの効果を十分に発揮できません。

女性は特に毎日のスキンケアで日頃から、化粧水、乳液、クリームなどを塗っているためオフできていないことも。

②寝ている間に目をこすっている可能性がある

人は寝ている間に通常平均で約20回の寝返りを打っています。

寝返りを打った際に枕や布団などの寝具に目がこすれていることも十分考えられます。

寝ている間でも無意識のうちに、目元をかいていることでナイトアイボーテが取れたと考えられます。

③なりたい二重幅が広すぎる

二重の幅が広いと外人みたいでかっこいいですよね。

その二重に憧れて幅広のまぶたになりたい!と思う人も多いでしょう。

人それぞれまぶたの形や厚み、一重の状況、元々の癖が違うかと思います。

幅広な二重になりたいからと、自分の目に合ってない部分にナイトアイボーテを無理に付けたところで取れやすくなる可能性も高まることに。

④ナイトアイボーテの付け方に問題がある

最初のうちはナイトアイボーテの使い方が慣れない人もいるでしょう。

二重のりと同じ要領で付けていきますが、上手く付けれないという問題がある場合にも朝取れてしまいやすい結果に。

ナイトアイボーテを塗った後もプッシャーで二重を中に押し込む作業もあるので、付け方が上手くいっていない可能性があります。

ナイトアイボーテが朝取れないようにする対策5選

ここまで、ナイトアイボーテが朝に取れる原因をご紹介してきましたが取れないようにする対策もご紹介します。

  • ①まぶたに塗る前に余分は水分や油分を拭き取る。
  • ②自分に合った二重の幅を探ってみる。
  • ③寝具を抱き枕などに変更する。
  • ④就寝中にアイマスクを利用する。
  • ⑤就寝中だけでなく、昼間も使ってみる

①まぶたに塗る前に余分は水分や油分を拭き取る

塗る前に余分な水分や油分が載っていないように、やさしくまぶたを拭き取りましょう。

ナイトアイボーテもまぶたを接着する液体です。

塗る前に余分な水分や油分が付いていると、最大限に接着力を活かせません。

いつも朝取れてしまう人は、何も塗らずに試してみてください。

もちろんまぶたも乾燥しやすいので、スキンケア後に拭き取って朝までどうなるか試してみてもいいですね。

②自分に合った二重の幅を探ってみる

幅広な二重が理想という人もいますが、まずは自分自身にあった二重幅を探ることから初めてみましょう。

少しずつナイトアイボーテを塗る場所を変えてみて、最適で寝ている間でも取れにくい幅を探るといいですね。

上手くいけば朝まで取れずに癖付けができ、可愛い目元になれた!という実感や発見ができると思います。

③寝具を抱き枕などに変更する

元々うつぶせで寝る癖があったり、寝返りが多い・寝相が悪かったりする場合は枕を抱き枕などに変更してみましょう。

横向きに寝るメリットは睡眠に詳しい医師がいびきの防止にもなるとおすすめの寝方です。

他の体制に比べると呼吸も楽にでき、安眠にもつながるというメリットも。

顔のむくみもケアできるので一石三鳥といったところですね。

就寝中の体制がコロコロ変わることで目に与える負担を軽減させましょう。

④就寝中にアイマスクを利用する

寝ている間に目をこする癖のある人はアイマスクもおすすめです。

物理的に手が目に当たらないようにすれば、こする可能性も低くなります。

就寝中に目が開いてしまい乾燥する人もいるので、日頃のドライアイケアも平行で行うといいですよ。

⑤就寝中だけでなく、昼間も使ってみる

ナイトアイボーテは夜用とされていますが、実際に昼間も使っている方もいます。

朝どうしても取れてしまう人は、昼間もナイトアイボーテを使ってみましょう。

アイプチよりもたくさん美容成分を含んでいるし、目への刺激を最小限に抑えている美容液。

接着力が高いと評価している人も多いので、昼間のアイプチ代わりとして使用するのもいいですね。

夜と昼も併用することで、二重を癖付ける時間を長くするのもコツです。

寝ている間はまばたきをしないため、しっかり対策をすることが鍵です。ナイトアイボーテが朝取れないように自分に合った方法を試していきましょう!

ナイトアイボーテは昼に使うと効果がアップする?

ナイトアイボーテは公式サイトでも「夜用二重形成液」と紹介されています。

口コミの中には就寝中だけではなく、昼間も使っているうちに二重になった!という声もあるようです。

寝ている間だけじゃなく、昼間もナイトアイボーテを使用して約1か月後、使わなくてもいいぐらいに二重幅が形成できました♪
  • ナイトアイボーテを使用している時間が長いこと
  • アイプチよりまぶたに刺激が少ないこと
  • 目元にハリを与えるなど美容成分がたくさん入っていること

このような理由があり、体験談としてナイトアイボーテを夜も昼も使うと効果がアップするようですね。

まぶたの皮膚の厚さは肌の他の部分よりも薄いので、優しい成分に加えて刺激がない+接着力が高いことで二重が近づきます!

ナイトアイボーテは昼に使う時の注意点は?

ナイトアイボーテを昼間にも使うと効果的なことが分かりましたが、いくつか使用上の注意点があります。

  • ①長時間の使用になるので様子をみながら少しずつ行う。
  • ②毎日使う量が増えるので減りが早い。
  • ③多少メイクで目立たなくする必要がある。
  • ④まぶたの余分な水分や油分を予め拭きとっておく。

①長時間の使用になるので様子をみながら少しずつ行う

ナイトアイボーテを就寝中に使うことに加え、昼も使用するとなると長時間塗っていることになります。

元々目元が弱い人やかぶれやすいという人は少しずつお昼に使用する時間を増やしていき、様子をみましょう。

粘着力も高いのでしっかり癖付けがしやすい分、まぶたの負担のことも注意する必要があります。

②毎日使う量が増えるので減りが早い

昼間も使用することを考えると、ナイトアイボーテの減りが早いのも事実です。

1本で約1か月分の使用目安ですが、1/2に減ります。

美容成分がたくさん入っているので、アイプチよりもまぶたケアができることもメリット。

何よりも正しい使い方で昼にも付ける方が、早く二重の癖付けができて嬉しいですよね!

単品で購入すると高いですが、定期購入だと2回目以降も割引が適用されるのでお得です。

③多少メイクで目立たなくする必要がある

ナイトアイボーテもまぶたに液体を塗って、自分自身で二重形成をする必要があります。

完全に見えなくすることは難しいかもしれませんが、メイクが終わった後は目立たないようにメイクで自然に仕上げましょう。

薄い色で白浮きするようであれば、ブラウン、ボルドーなどの濃い色がおすすめです。

④まぶたの余分な水分や油分を予め拭きとっておく

ナイトアイボーテは接着力が高いものの、塗る前のまぶたが塗れていたり、油分が多かったりすると効果が薄れます。

洗顔した後はまぶた部分には何も付けづに塗る方がいいでしょう。

日中など気温が高く汗をかいてしまうような状況になってしまい、その都度拭き取るのが面倒な場合もありますよね…。

体質的に汗をかきやすい人は市販やネットで売っている顔汗対策用のクリームやスプレーなどを使用してみましょう。

ナイトアイボーテが朝取れる原因と対策5選!昼に使うとより効果的?まとめ

ナイトアイボーテが朝取れる原因はまぶたの状況、使い方、就寝中の行動によるものと考えられます。

夜だけではなく昼に使う人もいるようで、口コミで約1か月間併用して二重になれた!という嬉しい声も。

二重の癖付けができる美容液なので、ナイトアイボーテを付けている時間が長いことも成功の要因かもしれません。

まぶたの皮膚の厚さは薄いので、昼に使う場合も注意点がいくつかあります。

自分にあった二重形成の方法を見つけて、おしゃれにメイクを思う存分楽しめますね!

\500円で目がぱっちり♪/

/毎週先着1,000名限定\

error: Content is protected !!